ベイザーやウルトラアクセント|脂肪吸引で美女子計画

ウェスト

傷を付けない脂肪吸引

ここ数年、切らない脂肪吸引という別名がついているキャビテーションが大人気になっています。なぜ切らない脂肪吸引と呼ばれているのかと言うと、本当の脂肪吸引手術とは違って、体にメスを入れられる心配がないためです。脂肪吸引手術を行う際には、カニューレという名前の吸引管を挿入するために、メスを使って皮膚を切開します。せいぜい2〜3cm程度の切開口が作られるだけなのですが、傷跡が残ってしまうことは事実です。でも、キャビテーションは、体の外側から超音波をあてるだけで脂肪吸引とほぼ同様の効果が得られる方法であるため、切らない脂肪吸引と呼ばれているのです。この切らない脂肪吸引の料金は、施術1回あたり5〜10万円前後です。ただし、複数回の施術を受けないと安定的な痩身効果を得ることができない場合が多いため、実際にはトータルで30万円前後の費用がかかるのが一般的になっています。

キャビテーションがネットの口コミサイトなどで大人気になっています。なぜ高い人気を集めているのかというと、切らない脂肪吸引という呼び名が示している通り、体にメスを入れる必要がないためです。先程も述べた通り、本当の脂肪吸引手術を受ける際に体に作られる切開口は、せいぜい2〜3cm程度のものです。術後数ヶ月も経てばほとんど傷跡が目立たなくなってしまうので、あまり神経質になる必要はありません。でも、傷跡が残ることだけがデメリットになっているわけではありません。体にメスを入れるということは、脂肪以外の周辺組織も侵襲されるということです。そのダメージが完全に回復されるためには長い時間がかかりますが、その間に日常生活に支障が出てしまうことを嫌がる人がたくさんいます。でも、切らない脂肪吸引のキャビテーションであればそのような心配をする必要がないため、多くの人の注目を集めているというわけです。