ベイザーやウルトラアクセント|脂肪吸引で美女子計画

ウェスト

手軽に出来る施術を利用

脂肪溶解注射の事を知ろう

部分的についた脂肪というのはなかなか落とす事が出来ずに厄介なものですが、そのような場合に役立つのが脂肪溶解注射です。ここではその脂肪溶解注射の歴史について簡単に紹介します。 脂肪溶解注射というのはメソセラピーの一種であり、メソセラピーは1952年にフランス人の医師によって開発されました。メソセラピーというのは皮下注射の事であり、元々は薬剤を注入する事で関節炎や四十肩の治療など様々な治療に用いられていました。それが1990年代になるとアメリカなどで脂肪を取り除く目的に使用されるようになりました。 メソセラピーという言い方だと、説明したように脂肪溶解注射に限らないのですが、美容外科でメソセラピーという場合は脂肪溶解注射の事を指しています。

ピンポイントで痩せられる

脂肪溶解注射は脂肪を溶解させる薬剤を注射する事によってダイエットする方法です。薬剤を注入すると脂肪細胞が溶け出して、やがては体外に排出されます。用いられる薬剤は一般的には大豆由来の成分を用いており、大豆アレルギーでなければ人体には影響がないように考えられています。注射を打つだけなので、薬剤の注入量にもよりますが施術時間は10分程度で済み、すぐに日常生活を送る事が出来る事から、脂肪吸引だと体への負担が心配だという方に人気がある方法です。 また、脂肪溶解注射は体全体の脂肪を取り除くのには向いてはいないですが、二の腕やお腹、太ももなどの部分的についている気になる脂肪をピンポイントで落としたいという場合に最適です。